和乃革を利用したレザークラフト作品や最新情報を書いたブログです
箱型ペンケース41

本ヌメ革の箱型ペンケース|レザークラフト作品紹介

赤と青の本ヌメ革を使用して、箱型のペンケースを作りました。金具は一切使っていません。

 

材料

胴…ヌメ革(2mm)・1枚

かぶせ…ヌメ革(2mm)・1枚

マチ…ヌメ革(1mm)・2枚

ベルト通し…ヌメ革(1mm)・1枚

ベルト…ヌメ革(1・2mm)・それぞれ1枚

箱型ペンケース1

 

作り方

胴にベルト通しを縫いつけるところからスタート。

まず、胴の表側のベルト通しを縫いつける場所に印をつける。

箱型ペンケース2

 

ベルト通しの端から3mmと6mmのところに線を引き、

箱型ペンケース3

 

菱ギリで穴をあける。

箱型ペンケース4

 

先程つけた印に合わせてベルト通しの片側を接着する。

箱型ペンケース5

 

ベルト通しの真ん中を接着しないように気をつける。

箱型ペンケース6

 

胴に穴を貫通させる。

箱型ペンケース7

 

目打ちで印をつけ、

箱型ペンケース8

 

ベルト通しの上下にも穴をあける。

箱型ペンケース9

 

もう片方も接着し、

箱型ペンケース10

 

同じように穴をあける。

箱型ペンケース11

 

胴とベルト通しを縫い合わせる。今回は、クロスステッチで。箱型ペンケース12

 

片方ずつ縫っていく。

箱型ペンケース13

 

もう片方も同じように縫っていく。

箱型ペンケース14

 

縫いつけ完了。

箱型ペンケース15

 

穴をあける

・マチ

ねじネンでそれぞれ3箇所に線を引き、

箱型ペンケース16

 

穴をあける。

箱型ペンケース17

 

・胴

マチの穴の数に合わせて穴をあける。

箱型ペンケース18

 

・かぶせ

ねじネンで線を引き、穴をあける。

箱型ペンケース19

 

・再び胴

かぶせと縫い合わせるところに線を引き、

箱型ペンケース20

 

かぶせと同じ数の穴をあける。

箱型ペンケース21

 

マチを縫い合わせる

マチは底から縫う。

箱型ペンケース22

 

最初と最後は2度縫いする。

箱型ペンケース23

 

箱型ペンケース24

 

反対側も同じように縫う。

箱型ペンケース25

 

箱型ペンケース26

 

次に、ペンケースの前側を縫っていく。

箱型ペンケース27

 

下から上に向かって縫う。

箱型ペンケース28

 

箱型ペンケース29

 

反対側も同じように縫う。

箱型ペンケース30

 

最後にペンケースの後ろ側を縫って、マチの取り付けは完了。

箱型ペンケース31

 

かぶせを縫いつける

ベルトを縫い合わせる印をつける。

箱型ペンケース32

 

印に合わせてベルト(2mm)を接着する。

箱型ペンケース33

 

その裏に、ベルト(1mm)を貼り合わせる。

箱型ペンケース34

箱型ペンケース35

 

ベルトの中心に線を引き、

箱型ペンケース36

 

穴をあけ、

箱型ペンケース37

 

ベルト2枚を縫い合わせる。

箱型ペンケース38

 

そして、かぶせと胴を縫い合わせる。

箱型ペンケース39

箱型ペンケース40

 

最後にコバ等を整えたら、完成。

箱型ペンケース41

 

色々な角度から。

箱型ペンケース42

 

箱型ペンケース43

 

箱型ペンケース44

 

箱型ペンケース45

 

箱型ペンケース46

 

レザークラフト作品募集中

和乃革ポイント増量キャンペーン実施中!


和乃革を利用したレザークラフト作品を随時募集しています。

レザークラフト作品の写真と感想など、みなさんの意見をお聞かせください。

作品を投稿いただいた方全員に和乃革ポイントをプレゼントいたします!

ただいま特別キャンペーン中で期間中に作品投稿していただいた方には、

全員に最低1000ポイントの和乃革ポイントをプレゼントします。

(和乃革ポイントは1ポイント1円としてご利用可能です。)

キャンペーン期間:2018年11月15日~2018年12月15日

>国産革専門店「和乃革」

国産革専門店「和乃革」

和乃革はこだわりの国産革を販売している通販ショップです。全ての革が自社オリジナル商品となっており、ここでしか買えない革です。