バッグ

本ヌメ革オイルシボのトートバッグ|レザークラフト型紙専門店「ShiAN」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トートバッグ|レザークラフト型紙7

こんにちは。

ShiANです。

今回は和乃革さんの新製品「本ヌメ革 オイル シボ」を使った作品を紹介します。

この革はミネルバボックスというイタリアの革を参考に開発された革だそうです。

確かに、シボ感と表面のしっとり感がかなりいいかんじの革です。

ミネルバボックスよりも若干柔らかいかなというくらいの硬さで、

内縫いの作品作りと相性がよさそうです。

ということで、今回は基本的なトートバッグを作ってみました。

トートバッグ|レザークラフト型紙7

トートバッグの型紙

まずは、型紙を紹介します。

といっても特別変わったところはありません。

ごく普通のトートバッグです。

トートバッグ|レザークラフト型紙

 

制作過程

持ち手の作成

持ち手となるパーツを半分に折って、縫い合わせます。

単純な直線縫いですが、

距離が長いので、手縫いだと地味に大変です。

特別強度が必要な場所でもないので、

ここでは和乃革コラボモデルミシンを使って縫いました。

押さえの跡もつかず、きれいに縫えました。

トートバッグ|レザークラフト型紙2

内側パーツの作成

トートバッグの内側部分のパーツを作成していきます。

まずは、バッグの口部分の中央にマグネットを取り付けます。

トートバッグ|レザークラフト型紙3

そして、ポケットと持ち手を仮付けしたら、

本体パーツと縫い合わせます。

トートバッグ|レザークラフト型紙4

本体縫い合わせ

本体パーツを縫い合わせます。

まずは、下部とマチの縦ラインを縫い合わせます。

トートバッグ|レザークラフト型紙5

次にマチの下部を縫い合わせて、ひっくり返して、形を整えれば完成です。

トートバッグ|レザークラフト型紙6

 

「柔らかい革だけどしっかりと自立する」

そんなところにこだわった作品です。

デザインは革を生かすために、極力シンプルに。

(かなり工程を省略して書いているのは、このトートバッグの作り方のポイントなどを参考書として販売しているからです。

詳しい内容を知りたい方は参考書をご購入下さい。)

トートバッグ|レザークラフト型紙7

 

この作品で使用している革

 

レザークラフト型紙販売ショップ「ShiAN」

ShiANでは和乃革を使用した作品のレザークラフト用型紙を販売しています。


レザークラフトにおいて型紙はとても重要なものです。


シンプルな型紙に見えても、寸法などが少しずれることで、


作品のできは大きく変わってきます。


自分で型紙を設計するのもいいですが、


一度、市販されている型紙を利用することで、今後のレザークラフトにも役に立つと思います。


レザークラフト型紙専門店「ShiAN」

コメントを残す

*

*